無農薬 玄米スープ(玄米粥)は、USA.Non-profit IAEが世界最優秀健康維持食品に認定しました。
玄米スープ
玄米スープ 玄米スープ一覧 玄米のチカラ 玄米博士のコラム お客様のお便り Q&A ご不安な方へ
玄米スープ(玄米粥)TOP > 玄米コラム > 玄米スープ(玄米粥)で健康ふたたび
玄米 スープ


有機玄米スープ


玄米スープ1ヶ月分


吉川沓那 栄養学博士 (株)吉央(すぴなっつおら)代表。

玄米スープ開発による健康維持への貢献が評価され、主にダイエットの権威として、栄養学の博士号(Doctor of Dietetics)を授与された。食文化の向上に寄与し、社会文化功労賞も受賞。スローフード協会秦野支部の理事も務める。

著書


すぴなっつおらのこだわり
ご利用方法
工場直営レストラン
店内の様子
アクセス













玄米スープ(玄米粥)で健康ふたたび


肥満改善には専門家の知識が必要

肥満とひとくちに申しましても、皮下脂肪系のものや、内臓脂肪系、
いわゆるかくれ肥満などがあります。中でもうっかり出来ないのが脂肪肝です。
この種の脂肪に取り付かれると、体の冷えなどから万病を引き起こしかねません。

たとえば偏頭痛、肩こり、首痛、ひざ痛、これらは生活習慣病とも
深く関係するので、早めの対策が必要です。

しかしながら自己流ダイエットはとても危険です。
なぜなら、ダイエットは高度な栄養学知識を必要とするからです。
まず肥満の原因や健康診査結果を視野に、
栄養成分を組立てながら慎重に進めて行くのが、ダイエットの基本となります。

ダイエットの定義は体重を減らして病気を改善すること。
そして、リバウンドしない美しい体形を作ることですから、
減量だけでは中途半端なのです。

『喰い改め』て、健康を手に入れた人たち

それでは喰い改めて健康を勝ち取った多くの方々の中から
この方にスポットを当ててみましょう。

その名も福原京子さん。
彼女は 49歳・平塚在住の会社員。平成20年6月、
福原さんは次のように記したのです。

「私は165pで93sの肥満です。
健康診査結果もDや糖尿の文字が目をかすめます。
医師は『やせないと死ぬ』と告げました。

私は死なない。家族の為に生きる。
生きる為に食の改善を断固決意です」

彼女の強い決意に、私は満を持して究極のダイエット作戦を開始したのです。

まず健康面を最優先し、診査結果をすべてAにすること。
次に短期間で美しく減量し、かつリバウンドしない体質を作ること。

その為には、脳の栄養成分と、命を育む健康成分は
玄米スープ(玄米粥)を中心に組み立てて 体内に温存しながら、
体中の老廃物を全排出する。

40種のミネラルと十数種の養分は100%食べ物から摂取する。
私の組立てた原則に基づいて彼女は確実に 、的確に、
もくもくと、歩を進め、やがて10ヶ月が過ぎた!

当初93sの体重は、25sも減量して標準の68sに突入。
健康診査結果もオールAはもはや目前である。医師もびっくり仰天。

彼女が悩み続けた偏頭痛、肩こり、血糖値等もウソのように解消し、
ゆるがざる健康を手中に納めたのです。
そして福原さんの新しい命が今ここに光ります!!

玄米スープで驚きダイエット

株式会社 吉央 (登録商標すぴなっつおら)
〒257-0003 神奈川県秦野市南矢名2-10-26TEL 0463-77-5532 / FAX 0463-78-7296