無農薬 玄米スープ(玄米粥)は、USA.Non-profit IAEが世界最優秀健康維持食品に認定しました。
玄米スープ
玄米スープ 玄米スープ一覧 玄米のチカラ 玄米博士のコラム お客様のお便り Q&A ご不安な方へ
玄米スープ(玄米粥)TOP >
玄米 スープ


有機玄米スープ


玄米スープ1ヶ月分


吉川沓那 栄養学博士 (株)吉央(すぴなっつおら)代表。

玄米スープ開発による健康維持への貢献が評価され、主にダイエットの権威として、栄養学の博士号(Doctor of Dietetics)を授与された。食文化の向上に寄与し、社会文化功労賞も受賞。スローフード協会秦野支部の理事も務める。

著書


すぴなっつおらのこだわり
ご利用方法
工場直営レストラン
店内の様子
アクセス













注目の「ガンマーオリザノール」


ガンマーオリザノールは、米ぬかの脂質に多く含まれている成分。
自律神経の働きを調整したり、消化管のコルステロールの吸収を抑えて、
血液中のコルステロール値を低下させることが分かっています。

不定愁訴と呼ばれる体の不調や脂質異常症、
更年期障害で悩んでいる人には、おすすめです。

また、ガンマーオリザノールは、体内で代謝される過程でフェルラ酸となります。
フェラル酸は、ビタミンEよりも強い抗酸化作用を発揮するのが魅力。
活性酸素によって細胞が酸化するのを防ぐパワーが強いことから、
美肌づくりや老化防止に効果的だといわれています。

どちらの成分も、単独で医薬品や化粧品などに応用されています。



私共では皆様のご要望を受けて玄米スープ(玄米粥)による健康維持相談を
行っておりますが、こちらに寄せられるご相談内容は、 食生活が原因とみられる
肥満や肩こり、頭痛、ひざ痛、不眠症、便秘、アレルギー等々多種多様に及びます。

これらのトラブルはご本人にとっては重大な問題ですが、
実はちょっとした食の改善で解消するものばかりです。

原因としては、美食による油の摂り過ぎであるとか、
偏食や調理済食品の食べ過ぎ、糖分の摂り過ぎなどです。

特に白砂糖は血糖値を高め、油との合せ摂りは致命的になりますので
糖尿系の方は要注意です。

いずれにせよ季節の食材をより自然のまま召し上がることをおすすめします。

150g(茶碗約1杯)あたり
  玄米ごはん 白米ごはん
食物繊維(g) 5.30 0.60
たんぱく質(g) 5.00 3.90
脂質(g) 2.00 0.08
糖質(g) 47.10 47.60
カルシウム(mg) 6.00 3.00
リン(mg) 195.00 45.00
鉄(mg) 0.80 0.20
カリウム(mg) 165.00 41.00
ビタミンB1(mg) 0.24 0.05
ビタミンB2(mg) 0.03 0.02
ビタミンE(mg) 1.10 0.30
マグネシウム(mg) 72.00 6.00
亜鉛(mg) 1,140.00 810.00



株式会社 吉央 (登録商標すぴなっつおら)
〒257-0003 神奈川県秦野市南矢名2-10-26TEL 0463-77-5532 / FAX 0463-78-7296